逃げるは・・・

面白いドラマがはじまった
と思っていたら「逃げ恥」高視聴率なんですってね。
3話の途中から見始めてます。

まぁ内容は契約結婚のはなし。
契約結婚と言えば韓国ドラマでもよくあるパターン。
韓流ファンの間では知らない人はいないと言っても過言ではない?
「私の名前はキムサムスン」ですよね~
そして「フルハウス」「宮」「私に嘘をついてみて」「晴れのちぼくらは恋をする」などなど。
どっぷりはまってた時期がある。

何といってもこのドラマ楽しみはキッチン。
4話でのシーン。風見さんちで牛肉と大根のスープ煮は
私が愛用しているSTAUBの鍋だった
しかも同じグレー~
今、我が家ではこの↓STAUBがただいま大活躍。
f0014187_2103296.jpg

風見さんちはガスコンロでしたね~
IHじゃないところがツーと言うか(笑)
私はオーブンでじっくりコトコト160℃でほったらかしで煮込みます。
熱々で食べたいときはピコ・ココットラウンドにうつしてオーブンで再煮込み。
f0014187_18141871.jpg

そしたら猫舌のkazuがやけどしたと文句言いやがった(笑)

鍋のほかにもケトルはラッセルホブスの電気ケトルがさりげなく配置

そしてさりげなく飾っていた?SALE(塩)はサンテラモの塩~
その横のペッパーはイタリア産のドロゲリア。・・・多分ね。

そうそう牛肉と大根スープで生姜の味が強くなり過ぎたと言って禁じて(笑)を使ったときに使用していたまな板
あれはZWILLINGでした。

漫画家の海野つなみさんも風見さんの家かっこよくて凄かった!とブログで言ってた。

漫画は読んでいないのでドラマでは盛っている感じなのかなと思ったけど
装苑8月号での福田里香さんのフードコラムで、『逃げるは恥だが役に立つ』が今年のフードまんが大賞をとっている様です。
フードまんがとは、福田さん曰く"いわゆるタイトルに料理名がつくタイプのグルメまんが、料理まんがではなく、作品の主題は他にあるにも関わらず、フードの本質が思わず発露してしまったような作品"とのこと。(海野つなみさんのブログから)

そんで気になったのがタイトル。
「逃げるは恥だが役に立つ」
タイトルの意味がよくわからん。
どうやらハンガリーの諺らしい。
原作漫画のタイトルには副題としてハンガリー語が表記されてました。(本屋で確認した)
 自分の戦う場所を選べ


そんで2話で(私は見てない)
津崎
後ろ向きな選択だっていいじゃないか!
恥ずかしい逃げ方だったとしても生き抜くことの方が大切でその点においては異論も反論も認めない

久々にネットサーフィンして調べたのでした。
by chessmama | 2016-11-07 20:54 | Comments(0)


<< 予報通りですね 行楽日和の19度 >>